遠近両用白内障手術

白内障手術と費用をチェック!遠近両用白内障手術とその費用とおすすめクリニック

遠近両用白内障手術は、一般的な白内障手術の大きな違いは、「遠方のみでなく、近方にも」と「遠くか近くのどちらか」という点です!

遠近両用白内障手術の説明している様子

■一般的な白内障手術
水晶体嚢(水晶体を包んでいる袋)の中濁った水晶体を摘出⇒水晶体嚢に単焦点眼内レンズを入れる手術。
単焦点眼内レンズは、遠くか近くのどちらか一方にピントを合わせた眼内レンズなので、ピントの合っていない方を見るには眼鏡が必要になります。

■遠近両用白内障手術
水晶体嚢(水晶体を包んでいる袋)の中濁った水晶体を摘出⇒水晶体嚢に、遠方のみでなく近方にもピントを合わせる事が可能な「遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)」を入れる手術。
最新の白内障手術である遠近両用白内障手術は、その手術名の表す通り、従来の白内障手術従来では困難とされた「多焦点眼内レンズ」により、遠くも近くも見えるようになる白内障手術を可能にしました。

しかも「遠近両用白内障手術」は、老眼に対応できる治療の中では唯一、厚生労働省に認められた治療です。
※先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」

遠近両用白内障手術の詳細

白内障手術

白内障手術と費用をチェック!白内障手術とその費用とおすすめクリニック

一般的な白内障手術は、水晶体嚢(水晶体を包んでいる袋)の中濁った水晶体を摘出⇒水晶体嚢に単焦点眼内レンズを入れる手術です。
単焦点眼内レンズは、遠くか近くのどちらか一方にピントを合わせた眼内レンズなので、ピントの合っていない方を見るには眼鏡が必要になります。

>一般的な白内障手術の説明

多くの眼科やクリニックで行われている白内障の手術はこの「単焦点眼内レンズを入れる手術」です。

白内障手術後翌日まで眼帯を装着するため、一度に両眼の手術は行わず、手術は片眼ずつ眼の状態を確かめ、翌日以降にもう片眼の手術を行います。

この白内障手術には、当サイトの管理人も肉親で経験し、待機室で手術が終わるのを2回待ったことがあります。
この白内障手術後の快適そうな様子はよく覚えています。

白内障手術の詳細

Add-On(アドオン)レンズ

Add-On(アドオン)レンズとその費用とおすすめクリニック

Add-On(アドオン)レンズは、白内障術後に屈折誤差(残ってしまった近視・遠視・乱視 を矯正する)を「レンズを追加」して治療するための眼内レンズです。

Add-On(アドオン)レンズの説明している様子

■「入れ替え」ではなく「追加」の手術
白内障手術後に近視・遠視・乱視 を矯正する場合には眼内レンズを「入れ替え」を行う必要がありましたが、眼内レンズの入れ替えは、困難でリスクも高く、眼に負担がかかってしまうという欠点がありました。
しかしAdd-On(アドオン)レンズでは新しいレンズを追加するだけなので短時間でより安全に治療という特徴があります!

白内障手術後いつでも追加挿入が可能ですので、度数誤差が出た方やご自身の期待と違った見え方になった方、遠近両用の見え方を望む方などに対して使用可能です。

Add-On(アドオン)レンズのには単焦点レンズと多焦点レンズが選べるのが嬉しいですね。

Add-On(アドオン)レンズの詳細

白内障手術費用 保険・控除

白内障手術費用 保険・控除について

白内障手術費用 保険・控除の説明

白内障手術・遠近両用白内障手術の健康保険と生命保険の医療給付および医療費控除についてご紹介します。

白内障手術についての質問に「健康保険が使えるか」「生命保険の医療給付は?」「医療費控除は?」という事が多くのありますので、それぞれについてご紹介していきます。

まず、「白内障手術」と「遠近両用白内障手術」では大きく違います。

※最近は先進医療特約として「遠近両用白内障手術」がその対象になっている保険会社等もあります。

それぞれについてご紹介しますが、当サイトでは「遠近両用白内障手術」について重点的にご紹介しています。

白内障手術費用 保険・控除の詳細