Top >  白内障手術費用 保険・控除 > 白内障手術の医療費控除と税金の還付

白内障手術の医療費控除と税金の還付

白内障手術の医療費控除と税金の還付

結論から言いますと「お住まいの地域税務署に、確定申告の際に控除対象か否かをお問い合わせください」っとなります。

医療費の控除は、1月から12月までの間に、本人または家族(※)が支払った医療費が10万円を越える方は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。
※税法では「生計を一にする親族」

ここでの勘違いしてはいけないのは、10万円を超えた医療費全額が戻るわけではないという事です。

税金など複雑な計算によって、最終的な還付金額が決定いたします
会社で年末調整を済ませている場合は、源泉徴収票がありますのでそれを持って住まいの地域の税務署に相談に行くと説明してくれます。

確定申告の時期は、通常2月16日から3月15日までです。

この時に1月から12月までの間に支払った医療費を申告します。

会社員の方は確定申告はあまり縁がありませんが、医療費の控除での税金の還付申請をする事になります。

この時早めに、税務署に年末調整で発行してもらっている「源泉徴収票」と「白内障手術代金の領収書※」と他にも医療費の領収書があればそれも持って、お住まいの地域の税務署に相談に行けば、相談員の方が控除対象か否かや記入の方法なども教えてくれます。

注:クリニックで発行された領収書を大切に保管しておきましょう。