Top >  白内障手術費用 保険・控除 > 白内障手術と健康保険

白内障手術と健康保険

白内障手術と健康保険

白内障手術に健康保険が使えるか(適応されるか)、ですが、これは「単焦点眼内レンズによる従来の白内障手術」と「多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術」とで違ってきます。

一般診療を行っている病院・眼科・クリニックでは「単焦点眼内レンズによる従来の白内障手術」の場合は健康保険が使えます(適応されます)。(※1)

しかし、「多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術」は健康保険の対象外となるため、結構保険は使うことが出来ません。

しかし先進医療として厚生労働省から承認されているので、先進医療の医療機関として登録されている場合は一部「「基礎的部分」については健康保険の対象になります。


一般的に片眼だけで50万円近くする遠近両用白内障手術は基礎部分を健康保険を使えても高額になります。

しかし、当サイトでご紹介しているクリニックでの「多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術」は健康保険を使う事は出来ませんが、症例数NO.1の神戸神奈川アイクリニックや、実績が多い品川近視クリニックなどでは、「多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術」の費用を両眼で60万円前後に低くして、費用面での負担が少なくなるように設定されています。
⇒【参考】遠近両用白内障手術の費用・料金比較表

「多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術」は高額ですが、老眼治療として遠くも近くも見えるようになるという画期的な治療です。

老眼などあるのでしたら、白内障の治療の場合には「多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術」を考えてみてはいかがでしょうか?


(※1)単焦点眼内レンズによる従来の白内障手術でも、健康保険が使えるかどうかは医療機関により違う場合もありますので、必ずご確認ください。

新宿近視クリニック 新宿院では保険診療も行っていますので、単焦点眼内レンズは健康保険の適応となります。