トップページ > 白内障手術 >  白内障手術の眼内レンズ

白内障手術の眼内レンズ

白内障手術の眼内レンズ(多焦点眼内レンズ・単焦点眼内レンズ)

hakunai-or.jpg

白内障の治療は、視力を取り戻すために手術によって濁った水晶体を取り除き、眼内レンズと交換する以外には方法がありません。

この白内障手術で使用される眼内レンズは、多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの2種類がありますが、その違いはレンズの「ピントを合わせるのが遠くか近くのどちらか一つ」と「ピントを合わせるのが複数」ということです。

一般的な白内障手術は単焦点眼内レンズによる手術で、遠くにピントを合わせた場合、近くを見る時には老眼鏡が必要になる(その反対もあり)ので、不便さを感じる事はありますが、白内障の手術後には「それまでと違ったクリアな視界」を取り戻せます。

まだ多焦点眼内レンズによる遠近両用白内障手術を受けられる病院や眼科・クリニックはすくないですが、多焦点眼内レンズの場合は、辞書などのような小さい文字を読むような場合以外の普通の生活では老眼鏡の必要があまりなく生活出来ます。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズの説明

多焦点眼内レンズは、簡単に例えるなら「遠近両用眼鏡と類似の働きを持つ眼内レンズ」と言えます。

眼鏡に例えると、「遠くを見るだけの眼鏡では近くが見えない」反対に「近くを見るだけの眼鏡(老眼鏡など)では遠くが見えない」とも例えられる、単焦点眼内レンズの欠点である「手術後は眼の調節機能がなくなるので遠方にピントを合わせた場合、近くを見る時に老眼鏡が必要になる」といった点を補うように登場した白内障治療の為の眼内レンズが「多焦点眼内レンズ」です。

多焦点眼内レンズの続きを読む

このページのトップへ↑

クリニックで使用されている多焦点眼内レンズと特徴

クリニックで使用されている多焦点眼内レンズと特徴

多焦点眼内レンズと一口に言ってもメーカーによりレンズの特徴があります。

その多焦点眼内レンズ毎の特徴を神戸神奈川アイクリニックと新宿近視クリニックなどの多焦点眼内レンズによる白内障手術を行っているクリニックでは白内障手術を受ける方のライフスタイルに合ったレンズを提案・選択して使用します。

クリニック毎の選択・使用できる多焦点眼内レンズをご紹介すると同時にその特徴もご紹介します。

クリニックで使用されている多焦点眼内レンズと特徴の続きを読む

このページのトップへ↑